お尻の黒ずみケア用クリームのおすすめは?

お尻の黒ずみを、自宅でケアできるのが美白クリームです。
ただ普通の美白クリームを、お尻に塗っても黒ずみがなかなか薄くならない…となってしまいます。
これはお尻は皮膚が厚いためです。
お尻は座ったときに体重がかかったり、蒸れてニキビができたり、下着などで摩擦が起きたりなど、刺激をうけやすい部分です。
肌が刺激から守ろうとして角質層が厚くなってしまいます。
そこに普通に美白クリームを塗っても、美容成分が肌の奥まで届かず効果が出にくくなってしまうのです。

お尻の黒ずみには、お尻専用の美白クリームを使うのが良いでしょう。
お尻のことを考えて作られているので、皮膚が厚くてもスーッと浸透しやすいのが特徴です。
肌の環境を整え新陳代謝を正常化し、メラニンにアプローチする成分で、黒ずみを解消しやすくなっています。

お尻の黒ずみケアで人気の美白クリームは、お尻専用に開発されたピーチローズです。
アットコスメでの評価も高く、お尻のざらつき、黒ずみ、ニキビなどが気になる方におすすめです。

⇒ (参考) ピーチローズの紹介

 

 

 

 

 

お尻の黒ずみケアにはピーチローズが人気

ピーチローズはお尻のニキビや黒ずみをなくす、お尻用の美容ジェルです。
女性誌や美容ブログなどに掲載されることも多く、話題のアイテムとなっています。
お尻に黒ずみがあると、汚く見えてしまいます。
ピーチローズでケアをして、キレイなお尻を目指しましょう。

⇒ (参考) ピーチローズの紹介

 

ピーチローズがお尻の黒ずみに効果があるのは、美容成分が肌に浸透しやすいからです。
お尻は角質化し硬く厚くなっていることが多いです。
そこに普通の美容液を付けても、肌に浸透せず効果はイマイチ…となりがち。
ピーチローズは超低分子ヒアルロン酸で、お尻の角質層までしっかり保湿。
さらに高分子ヒアルロン酸やセラミドでいつでも潤っているお尻になれます。
その結果ターンオーバーが正常化しメラニンが排出されやすくなり、黒ずみが解消しやすくなるのです。

またピーチローズはアルブチンやプラセンタなどの美白成分が配合されているので、黒ずみをできにくくする効果もあります。
お尻の悩みには、ピーチローズはおすすめですよ。

お尻の黒ずみをトレチノインで治す

お尻の黒ずみ治療で皮膚科に行くと、外用薬としてトレチノインを処方されることが多いです。

トレチノインはビタミンA誘導体で、古い角質をはがす作用があります。

ターンオーバーを促すことで、お尻の黒ずみを解消していきます。

トレチノイントレイチノン

 

トレチノインと一緒に処方されることが多いのが、ハイドロキノンです。

ハイドロキノンは美白効果が非常に高い成分

トレチノインで黒ずみの原因となるメラニンを排出させ、ハイドロキノンで美白をすることで、よりお尻の黒ずみへの効果が高くなるわけです。

ハイドロキノンハイドロキノン

 

トレチノインは副作用が少ないと言われていますが、人によってはヒリヒリしたり痛みを感じることがあるようです。

お尻に使い違和感を感じたら、すぐに医師に相談するようにしましょう

 

またトレチノインは、皮膚が薄いデリケートな部分に使うと逆に黒ずみを起こしてしまうケースがあるようです。

お尻の黒ずみに使う場合は、肛門や陰部などにはつかないように気を付けましょう。

 

お尻の黒ずみをレーザー治療で治す

お尻の黒ずみを早く治したいなら、皮膚科でのレーザー治療が良いでしょう。

レーザー光を黒ずみに当て、メラニン色素を破壊していきます。

お尻の黒ずみ解消方法の中では、比較的即効性があるのが特徴です。

レーザー治療

 

ただレーザー治療を受けるにあたり、注意したいことがあります。

費用を確認しておく

レーザーによるお尻の黒ずみ治療は、保険適用外となります。

すべて実費となりますので、高額な治療費になることを覚悟しなければなりません。

お尻の黒ずみを消すには総費用がどのくらいになるのか、事前に確認をしておきましょう

レーザー治療は1回1万円くらいからが相場のようですが、医療機関により異なりますので注意してください。

ill-point-w2-l

評判の良い医療機関を選ぶ

レーザーは皮膚に光を当てるため、やけどをするといったトラブルもあります。

医師や看護師の技術が高い医療機関を選びましょう

また新しいレーザー機器を導入している医療機関もおすすめです。

口コミを調べるなどして、評判が良い医療機関でお尻の黒ずみを消すのがおすすめです。

 

クリニック

お尻の黒ずみをエステ シーズ・ラボで治す

自分でケアをしてもお尻の黒ずみが解消されないなら、エステに行くのも良いでしょう。

お尻の黒ずみケアができるエステで、人気があるのはシーズ・ラボです。

シーズ・ラボは化粧品でおなじみのドクターシーラボグループのエステです。

最先端の美容医療を受けられるのが特徴です

ill-douzo-w2-l

シーズ・ラボには「ヒップざらつきコース」があります。

ピーリング、イオン導入、海藻パックなどでお尻の黒ずみケアをしていきます。

美尻を手に入れたいなら、2週間に1回のペースで通うのがおすすめです。

エステ

 

ただエステって費用が高いので…という女性も多いです。

あまり高額だと、通えないとなってしまうでしょう。

それにエステではどんな施術をするのかわからなく不安…という女性も多いです。

考える女性

 

シーズ・ラボではお得な無料カウンセリング付きお試しプランが用意されています。

お尻の黒ずみが気になるなら、まずはお試しプランを体験してみると良いでしょう

自己ケアはなかなか続かないという方にも、シーズ・ラボはおすすめですよ。

 

⇒ シーズ・ラボ公式サイトでさらに詳しく

 

おしりニキビ改善

お尻の黒ずみにピーリングは効果ある?

お尻は皮脂腺が多く、蒸れやすく乾燥しやすいです。

そして皮膚が厚く角質化もしやすく、新陳代謝もにぶくなりがち。

放っておくと黒ずみとなり、人に見られると困るようなお尻になってしまうのです。

考える女性

 

お尻の黒ずみケアとして有効なのがピーリングです

ピーリングをするとお尻にたまっていた古い角質や皮脂、汚れを取り除くことができます。

肌を生まれ変わらせることができ、何度か行うと黒ずみがないキレイなお尻になれるでしょう。

ビキニで楽しむ女性

 

ピーリングは皮膚科やエステだけでなく、自宅でも行えます

ピーリング剤を購入すれば良いので、手軽にできるお尻の黒ずみケアと言えます。

ピーリング剤

 

ただ肌の表面を削ることになりますので、肌にダメージを与えやすいデメリットがあります。

早くお尻の黒ずみを消したいと頻繁に行うと、肌トラブルが起こりやすくなります。

週に1回くらいのスペシャルケアとして、ピーリングをするのがおすすめです。

特に肌が弱い人は、注意をしなければなりません。

ill-douzo-w2-l

お尻の黒ずみをケアする洗い方とは?

お尻の黒ずみを消したいと、力を入れた洗い方をしていないでしょうか?

黒ずみは汚れではないので、いくら洗っても消すことはできません

洗い方により、お尻の黒ずみが悪化することがあるので注意しましょう。

ill-point-w2-l

 

お尻は石鹸をよく泡立てて優しく洗うのがおすすめです。text015_03

ナイロン製などのタオルは摩擦が起きやすく、黒ずみの原因となります。

綿など優しい素材のタオルを選びましょう

タオル

 

ボディソープは刺激が強いので、お尻が乾燥し黒ずみが起こりやすくなります。

低刺激の無添加石鹸を使っての洗い方が良いでしょう。

黒ずみ対策としてピーリング石鹸を使う洗い方もありますが、刺激が強く肌トラブルが起きる可能性もありますので気を付けてください。

石鹸

 

そしてお尻を洗った後は、しっかり保湿をすることが大切です。

せっかく正しい洗い方をしても、保湿を怠ると黒ずみやすくなります。

保湿クリームをつかいマッサージをして、硬くなったお尻の皮膚を柔らかくしてあげるのがおすすめです。

クリーム

お尻の黒ずみは座りだこかも?

気になるお尻の黒ずみは、座りだこである場合もあります。

長時間座っていることにより、お尻と座面で摩擦が起こります。

するとだんだんお尻の皮膚が硬くなっていき、黒ずみとなってしまうのです。

座る女性

 

座りだこによるお尻の黒ずみは、痩せている女性に多く起こると言われています。

お尻にお肉が少ないため、尾てい骨と座面がこすれやすくなるためです。

この場合はお尻に筋肉を付けるのが対策となります。

お尻に筋肉が付くように、エクササイズをすると良いでしょう。

座りだこによる黒ずみだけでなくお尻の垂れ防止にもなり、美尻を目指すことができますよ。

合点する女性

 

また座るときにクッションを使うのも、座りだこによる黒ずみ対策になります。

現在はお尻に負担がかからないように作られているクッションが市販されています。

ドーナッツクッション

座る時間が多い方はクッションを使うようにするだけでも、座りだこを防止できるでしょう。

いつでもどこでも使えるように、携帯用のクッションを持ち歩くのもおすすめです。

 

お尻の黒ずみ予防にクッションを使う

お尻の黒ずみ予防解消するには、座るときにクッションを使いましょう

クッションを使うことにより、お尻への刺激を軽減することができます。

⇒ お尻の黒ずみ デスクワークの人は要注意!

 

ただ薄すぎたり、硬すぎるクッションなどは、逆効果になってしまいますtext015_03

ill-point-w2-l使いすぎてぺっちゃんこになったクッションでは、お尻の黒ずみを予防することはできません。

 

 

クッションの選び方

お尻の黒ずみが気になるのであれば、低反発のクッションが良いでしょう。

今はお尻に負担がかからないように、工夫されているクッションもあります。

姿勢を良くしてくれたり、骨盤矯正ができるクッションなどもあります。

骨盤サポートクッション

骨盤サポート姿勢矯正クッション

 

お尻への負担を減らすだけでなく、座るだけでボディケアができるので一石二鳥

デスクワークで座っている時間が長い人も、こういったクッションを使うことでお尻の黒ずみ予防ができます。

ill-douzo-w2-l

 

お尻に負担をかけないクッションは、2,000円程度で購入できます。

Amazonなどでもたくさんあるので、ぜひ使ってみてくださいね。

低反発クッション

低反発クッション

 

 

 

お尻の黒ずみ デスクワークの人は要注意!

お尻の黒ずみは、デスクワークの人に起こりやすいと言われています。

⇒ お尻の黒ずみの解消方法

座る女性

 

デスクワークの人は、1日中座りっぱなしということもあるでしょう。

その間お尻は体重がかかり、ずっと刺激を受けていることになります。

  • 血行が悪くなる
  • 乾燥する
  • 角質化する

などのトラブルにつながり、黒ずみとなってしまうのです。

 

クッションを使う

デスクワークの人は、なるべくお尻に負担がかからないようにするのが良いでしょう。

ドーナツ状や低反発のクッションを使うのがおすすめです。

ドーナッツクッション

意識的に立ち上がる

そして長時間同じ体勢で座り続けないようにしましょう。

30分〜1時間に1回は、意識的に立ち上がるようにするのがおすすめです。

トイレに行ったり、お茶を淹れに行く程度でも良いので、立つことがお尻の黒ずみ予防となります。

ill-point-w2-l

 

通気性の良い下着を付ける

またデスクワークでずっと座っていると、お尻が蒸れることによって黒ずみになることがあります。

女性はパンストやナプキンなどにより、お尻が蒸れやすいです。

通気性の良い下着を付けるなど、なるべく蒸れないようにしてください。

 

下着