デリケートゾーンの黒ずみのケアはどうしたらいい?

デリケートゾーン黒ずみに気づいたときってけっこうショックですね。どうしても黒ずんでしまいやすいパーツなので、あまり神経質にならない方がいいのですが、

ケアする方法はあります

メラニン

もともと皮膚の薄いデリケートゾーンに摩擦や刺激で

メラニン

が発生して色素沈着を起こしたのが、黒ずみです。なるべく刺激を与えないように、毎日の生活を見直してみましょう。

 

 下着を見直す

デリケートゾーンはずっと下着や衣類でおおわれています。サイズがきつい締め付けやすい下着などをつけていると、摩擦や圧迫を与えがちです。

下着を選ぶときには、綿やシルク、吸湿速乾加工された繊維などで作られた下着をつけるほうが肌への刺激が少ないし、通気性がいいのでムレにくいですね。また下着の形状は、ボクサータイプのショーツのほうがビキニラインへの摩擦を減らせますね。

下着

 

 アンダーヘアの処理を見直す

VIO脱毛を自己処理で行うときには、毛抜きやワックスのように肌へのダメージが大きい方法は避けて、できるだけ肌への負担が少ない方法を選びましょう。ムダ毛処理をした後にはきちんと肌のケアをしておくと、黒ずみを防ぐことができます。

 

 美白クリームを使う

黒ずみを少しでもケアしたい人には、美白クリームがあります。美白クリームを選ぶときには、肌に刺激が強すぎない成分配合かどうか、続けやすい金額かどうか、といった点をチェックしましょう。

デリケートゾーン専用のクリームのほうが安心です。半年くらいの期間を目安に使っていく必要があるので、続けやすいコストであることも大事です。

美白クリームを使ってもすぐには効果は出ません。毎日のケアとして根気よく続けましょう。

クリーム

 デリケートゾーン専用の石鹸を使う

デリケートゾーン専用の石鹸も便利です。入浴時にデリケートゾーンを清潔にしようとするあまり、ゴシゴシと洗いすぎるとかえって肌にダメージを与えることがあります。

デリケートゾーン専用の石鹸で黒ずみケアをしたいなら、美白成分配合のタイプを選びましょう

肌を乾燥させずにデリケートゾーンを優しく洗うことができる成分で作られていて、通常のボディソープと同じ感覚で使える点が便利です。毎日お風呂にはいりながら黒ずみの予防やニオイケアを行えます。

ピーリング石鹸

 美容皮膚科クリニックでなおす

黒ずみを確実になおしたいなら、美容皮膚科クリニックという方法もあります。美白効果の高いハイドロキノンクリームやレチノイン酸クリームを処方してもらうことができます

またレーザーやピーリングといった方法でケアすることも可能です。ただ費用や通院の手間がかかります

クリニック

 

デリケートゾーンはとてもダメージを受けやすい箇所なので、黒ずみを予防しましょう。
またデリケートゾーン専用のアイテムを使って、気長にケアしていくことが必要になります。

 

デリケートゾーンの黒ずみの原因とは?

デリケートゾーン黒ずみが発生しやすい箇所です。

黒ずみは皮膚のなかでメラニンが発生して、色素沈着を起こすことが原因で起こります。

メラニン

メラニンというと、紫外線を浴びることでできて、シミの原因になるというイメージがありますね。

デリケートゾーンは紫外線を浴びることはまずないのですが、下着による摩擦などの刺激をうけることでメラニンが発生して黒ずみになることがあります。

驚く女性

もともとデリケートゾーンの皮膚は薄く、とてもダメージに弱いという特徴があります。

肌がダメージを受けることでメラニンができて、そのまま色素が沈着して黒ずみになってしまいます。

どうしても黒ずみが発生しやすいパーツといえます。

考える女性

デリケートゾーンを長時間覆うことになる下着の摩擦で黒ずみが発生します。

特に化学繊維の下着による摩擦はかぶれを起こすこともあります。

コットン素材の下着のほうが肌へのダメージは少なく、摩擦を軽減することができます。

下着

肌を締め付けるタイプの下着や、肌に密着するタイプの衣服を着用しつづけることが、摩擦によるダメージを与えることもあります。

さらに女性の場合、生理の時に使用するナプキンによってさらに摩擦が生じたり、かぶれて炎症をおこしたりすることもあります。

また入浴時にデリケートゾーンを洗うときに、過剰な洗い方をしてしまうことも肌にダメージを与えて黒ずみの原因になることがあります。

ごしごし洗うのではなく、優しく洗うことが大切です。

女性

加齢ホルモンバランスの変化によってもメラニンは発生します。

ホルモンバランスが乱れるのは、ストレスや不規則な生活が原因のひとつです。

ホルモンバランスが崩れることで自律神経が乱れて代謝機能が落ちてしまいます。

肌のターンオーバーにも支障がでて、メラニンの排出ができずに、黒ずみとして定着してしまうことがあります。

驚く女性

最近増加しているのが、VIO脱毛などムダ毛処理を行うことでデリケートゾーンの皮膚にダメージを与えてしまい、黒ずみが発生するパターンです。

VIO脱毛は人気が出ており、エステやクリニックで脱毛する人もいれば、自己処理で済ませる人もいます。

自己処理の際に毛抜きやワックスなどで強引にムダ毛を取り除くと肌にダメージが蓄積されて、黒ずみが発生する原因になります。

熱を与えることになる脱毛器を使用した後には、肌をクールダウンさせてスキンケアを行うことも大切です。

脱毛後の保湿ケアなどをきちんと行っていなかったことで、黒ずみになることもあります。

合点する女性

このように、日常生活のなかでデリケートゾーンにいろんなダメージを与えることで、黒ずみが発生して沈着してしまうのです。