お尻の黒ずみ デスクワークの人は要注意!

お尻の黒ずみは、デスクワークの人に起こりやすいと言われています。

⇒ お尻の黒ずみの解消方法

座る女性

 

デスクワークの人は、1日中座りっぱなしということもあるでしょう。

その間お尻は体重がかかり、ずっと刺激を受けていることになります。

  • 血行が悪くなる
  • 乾燥する
  • 角質化する

などのトラブルにつながり、黒ずみとなってしまうのです。

 

クッションを使う

デスクワークの人は、なるべくお尻に負担がかからないようにするのが良いでしょう。

ドーナツ状や低反発のクッションを使うのがおすすめです。

ドーナッツクッション

意識的に立ち上がる

そして長時間同じ体勢で座り続けないようにしましょう。

30分〜1時間に1回は、意識的に立ち上がるようにするのがおすすめです。

トイレに行ったり、お茶を淹れに行く程度でも良いので、立つことがお尻の黒ずみ予防となります。

ill-point-w2-l

 

通気性の良い下着を付ける

またデスクワークでずっと座っていると、お尻が蒸れることによって黒ずみになることがあります。

女性はパンストやナプキンなどにより、お尻が蒸れやすいです。

通気性の良い下着を付けるなど、なるべく蒸れないようにしてください。

 

下着

 

お尻の黒ずみを予防する方法

お尻の黒ずみは、刺激を受けることにより起こります。

お尻の黒ずみを予防するには、お尻にダメージを与えないようにしましょう。

座るときに注意

座るとお尻に体重がかかり、ダメージを受けやすくなります。

デスクワークなど、座っている時間が長い人は黒ずみが起こりやすいです。

しかしお尻の黒ずみ予防のために仕事を変えるわけにも行きませんし、立って仕事をする…とういうのも不自然ですよね。

おすすめの黒ずみ予防法は、座布団やクッションの使用です。

柔らかいものに座ることにより、お尻への刺激を和らげることができます。

クッション

下着に注意

長時間下着がこすれることにより、お尻に黒ずみが起こることがあります。

締め付けない下着を選ぶのが、黒ずみの予防方法になります。

下着

 

ただ通気性の良いゆったりした下着を付けても、スキニージーンズなどお尻にフィットするボトムスを履くと意味がありません

お尻の黒ずみを予防したければ、ゆったりしたパンツやスカートが良いでしょう。

スカート

 

お尻の黒ずみを隠すのはおすすめできない理由

お尻に黒ずみがあるとユウウツになりますよね。

何とかして隠す方法はないかな?

と悩んでしまうでしょう。

 

お尻の黒ずみを手っ取り早く隠す方法となるのが、コンシーラーです。

顔のシミやニキビを隠すとき使っている!

という女性は多いかと思いますが、コンシーラーはお尻にも使えます。

コンシーラー

ただコンシーラーで隠すのは、応急処置でしかありません

温泉や海では使いにくい方法です。

お尻の黒ずみは一時的に隠すのではなく、根本的に治すのがおすすめです。

イラスト

お尻は乾燥すると角質が硬くなり、黒ずみが起こりやすくなります。

保湿クリームなどでケアをし、潤いを与えるようにしましょう

保湿成分だけでなく美白成分も入っているクリームを使うと、黒ずみを薄くさせやすいです。

⇒ 保湿&美白ができるお尻専用クリーム

 

劇的に黒ずみがなくなるわけではありませんが、毎日ケアをすればだんだん目立たなくさせることができます。

お尻の黒ずみを隠す必要がなくなれば、温泉や海・プールなんかも心置きなく楽しめるでしょう

 

ビキニで楽しむ女性

デリケートゾーンの黒ずみのケアはどうしたらいい?

デリケートゾーン黒ずみに気づいたときってけっこうショックですね。どうしても黒ずんでしまいやすいパーツなので、あまり神経質にならない方がいいのですが、

ケアする方法はあります

メラニン

もともと皮膚の薄いデリケートゾーンに摩擦や刺激で

メラニン

が発生して色素沈着を起こしたのが、黒ずみです。なるべく刺激を与えないように、毎日の生活を見直してみましょう。

 

 下着を見直す

デリケートゾーンはずっと下着や衣類でおおわれています。サイズがきつい締め付けやすい下着などをつけていると、摩擦や圧迫を与えがちです。

下着を選ぶときには、綿やシルク、吸湿速乾加工された繊維などで作られた下着をつけるほうが肌への刺激が少ないし、通気性がいいのでムレにくいですね。また下着の形状は、ボクサータイプのショーツのほうがビキニラインへの摩擦を減らせますね。

下着

 

 アンダーヘアの処理を見直す

VIO脱毛を自己処理で行うときには、毛抜きやワックスのように肌へのダメージが大きい方法は避けて、できるだけ肌への負担が少ない方法を選びましょう。ムダ毛処理をした後にはきちんと肌のケアをしておくと、黒ずみを防ぐことができます。

 

 美白クリームを使う

黒ずみを少しでもケアしたい人には、美白クリームがあります。美白クリームを選ぶときには、肌に刺激が強すぎない成分配合かどうか、続けやすい金額かどうか、といった点をチェックしましょう。

デリケートゾーン専用のクリームのほうが安心です。半年くらいの期間を目安に使っていく必要があるので、続けやすいコストであることも大事です。

美白クリームを使ってもすぐには効果は出ません。毎日のケアとして根気よく続けましょう。

クリーム

 デリケートゾーン専用の石鹸を使う

デリケートゾーン専用の石鹸も便利です。入浴時にデリケートゾーンを清潔にしようとするあまり、ゴシゴシと洗いすぎるとかえって肌にダメージを与えることがあります。

デリケートゾーン専用の石鹸で黒ずみケアをしたいなら、美白成分配合のタイプを選びましょう

肌を乾燥させずにデリケートゾーンを優しく洗うことができる成分で作られていて、通常のボディソープと同じ感覚で使える点が便利です。毎日お風呂にはいりながら黒ずみの予防やニオイケアを行えます。

ピーリング石鹸

 美容皮膚科クリニックでなおす

黒ずみを確実になおしたいなら、美容皮膚科クリニックという方法もあります。美白効果の高いハイドロキノンクリームやレチノイン酸クリームを処方してもらうことができます

またレーザーやピーリングといった方法でケアすることも可能です。ただ費用や通院の手間がかかります

クリニック

 

デリケートゾーンはとてもダメージを受けやすい箇所なので、黒ずみを予防しましょう。
またデリケートゾーン専用のアイテムを使って、気長にケアしていくことが必要になります。

 

デリケートゾーンの黒ずみの原因とは?

デリケートゾーン黒ずみが発生しやすい箇所です。

黒ずみは皮膚のなかでメラニンが発生して、色素沈着を起こすことが原因で起こります。

メラニン

メラニンというと、紫外線を浴びることでできて、シミの原因になるというイメージがありますね。

デリケートゾーンは紫外線を浴びることはまずないのですが、下着による摩擦などの刺激をうけることでメラニンが発生して黒ずみになることがあります。

驚く女性

もともとデリケートゾーンの皮膚は薄く、とてもダメージに弱いという特徴があります。

肌がダメージを受けることでメラニンができて、そのまま色素が沈着して黒ずみになってしまいます。

どうしても黒ずみが発生しやすいパーツといえます。

考える女性

デリケートゾーンを長時間覆うことになる下着の摩擦で黒ずみが発生します。

特に化学繊維の下着による摩擦はかぶれを起こすこともあります。

コットン素材の下着のほうが肌へのダメージは少なく、摩擦を軽減することができます。

下着

肌を締め付けるタイプの下着や、肌に密着するタイプの衣服を着用しつづけることが、摩擦によるダメージを与えることもあります。

さらに女性の場合、生理の時に使用するナプキンによってさらに摩擦が生じたり、かぶれて炎症をおこしたりすることもあります。

また入浴時にデリケートゾーンを洗うときに、過剰な洗い方をしてしまうことも肌にダメージを与えて黒ずみの原因になることがあります。

ごしごし洗うのではなく、優しく洗うことが大切です。

女性

加齢ホルモンバランスの変化によってもメラニンは発生します。

ホルモンバランスが乱れるのは、ストレスや不規則な生活が原因のひとつです。

ホルモンバランスが崩れることで自律神経が乱れて代謝機能が落ちてしまいます。

肌のターンオーバーにも支障がでて、メラニンの排出ができずに、黒ずみとして定着してしまうことがあります。

驚く女性

最近増加しているのが、VIO脱毛などムダ毛処理を行うことでデリケートゾーンの皮膚にダメージを与えてしまい、黒ずみが発生するパターンです。

VIO脱毛は人気が出ており、エステやクリニックで脱毛する人もいれば、自己処理で済ませる人もいます。

自己処理の際に毛抜きやワックスなどで強引にムダ毛を取り除くと肌にダメージが蓄積されて、黒ずみが発生する原因になります。

熱を与えることになる脱毛器を使用した後には、肌をクールダウンさせてスキンケアを行うことも大切です。

脱毛後の保湿ケアなどをきちんと行っていなかったことで、黒ずみになることもあります。

合点する女性

このように、日常生活のなかでデリケートゾーンにいろんなダメージを与えることで、黒ずみが発生して沈着してしまうのです。

お尻の黒ずみやぶつぶつの原因と対策

お尻のぶつぶつや黒ずみの原因となるのがニキビです。

お尻はずっと座っていたり下着に触れたりすることにより、角質が厚くなっています

ニキビの原因となるアクネ菌は角質が厚くなると増殖しやすく、ぶつぶつや黒ずみが起きてしまいます。

驚き

お尻のニキビを予防するには、保湿を心がけ皮膚を柔らかくするのが大切です。

保湿をしてターンオーバーを正常化させることにより、ぶつぶつや黒ずみができにくくなります。

お風呂上りには保湿クリームなどで、ケアをしてください。

⇒ お尻のケアに適したクリーム

クリーム

またお尻が蒸れると、アクネ菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。

通気性の良い下着を付け、汗がたまらないようにするなど、清潔を心がけましょう。

ただごしごし洗ってしまうと乾燥し皮脂が過剰に分泌され、ニキビができやすくなるので注意してくださいね。

考える

どんなに美人でも、お尻がぶつぶつしていたり黒ずみがあったりすると台無しです。

ニキビのないお尻を目指して、女子力をあげましょう。

お尻ニキビを治すには生活習慣から

お尻ニキビの原因となるのが、生活習慣の乱れです。

生活習慣を見直すことで、お尻ニキビを治すことができます。

驚き
お尻ニキビに大敵なのは、睡眠不足です。

睡眠不足は肌のターンオーバーを乱すと言われています。

成長ホルモンが分泌される肌のゴールデンタイムには、就寝しておきましょう

理想は22時頃には寝ていたいですが、無理なら0時までには寝るようにしてください。

就寝
そしてお尻ニキビを治すには、食べ物にも注意をしましょう。

基本は暴飲暴食をせずに、栄養バランスを考えた食事をすることです。

ビタミン類が多い野菜や果物などを多く摂ると、お尻ニキビを治すには有効的です。

甘いものや脂っこいものはお尻ニキビができやすくなりますので、食べ過ぎないように注意をしましょう。

脂っこい食事
それからストレスをためないことも、お尻ニキビを治す方法になります。

ストレスはホルモンバランスを崩し、ニキビをできやすくします。

上手にストレス解消をして、お尻ニキビを治すようにしましょう。

 

お尻ニキビを皮膚科で治療するなら費用は?

お尻ニキビが治らないなら、皮膚科での治療を受けるのが良いでしょう。

お尻を人に見せるのは恥ずかしい!

と感じますが、重症化する前に何とかすることをおすすめします。

ずっとお尻ニキビができていたりニキビ跡があったりすると、お尻が汚いと悩み続けることになりますからね。

 

皮膚科でのお尻ニキビの治療は、主に抗菌薬などの塗り薬で行われます。

必要に応じてビタミン剤や抗生物質などの飲み薬が処方されることもあります。

 

またケミカルピーリングレーザーイオン導入といった治療を行うこともあります。

できているお尻ニキビだけでなく、ニキビ跡を消すのにも効果的です。

 

皮膚科で注意したいのは、保険適用外のお尻ニキビの治療法があることです。

保険適用内であれば1回の治療費は1,000円〜2,000円程度で済むことがほとんどですが、

 保険適用外となると1回10,000円以上

かかることもあります。

レーザーやイオン導入など保険適用外の治療を受ける場合は、どのくらいの治療費が必要なのかを確認しておきましょう。

 

お尻ニキビの治し方

顔のニキビの治し方に、市販薬があります。

にきび用の市販薬は、いくつも販売されています。

病院に行くまでもない…

というときには、便利な治し方ですよね。

 

お尻ニキビにも、市販薬による治し方は有効だと思われています。

しかし実際に使ってみると、治りが良くないと感じるケースが多いようです。

同じアクネ菌が原因のニキビなのになぜ?

と思いますが、これには理由があるのです。

 

お尻は顔にくらべ皮膚が厚いです。

さらにお尻の角質が硬くなっている場合も多いです。

そのため市販薬を塗っても有効成分が浸透せず、お尻ニキビが治らないのです。

 

驚き

 

お尻ニキビの治し方は、市販薬よりも医師が処方してくれる薬を使うのが良いでしょう。

抗菌剤などの塗り薬のほかビタミン剤などの内服液や、ケミカルピーリングなどで、お尻ニキビを治療します。

市販薬を1週間以上使ってもお尻ニキビが改善しないなら、早く確実に効果を感じられる病院での治し方がおすすめとなるでしょう。

 

そのお尻の黒ずみ解消方法は正しいですか?

お尻の黒ずみ解消には、保湿が大切です。

でも

保湿クリームを使っているのに、お尻の黒ずみ解消ができない…

という声もあります。

ケアしているのにお尻の黒ずみが解消できないのはなぜ?

保湿をしているのにもかからず、お尻の黒ずみ解消ができない理由はいくつかあります。

1つは実施時間が短いということです。

お尻の黒ずみ解消はしづらく、すぐに効果を感じるのは難しいです。

最低でも


   1か月以上は保湿を続ける

ようにしましょう。

効果が出ないからと3日坊主でやめてしまっては、お尻の黒ずみ解消はできません。

その保湿剤で大丈夫?

そしてもう1つは、使っている保湿剤に問題があることです。

お尻の皮膚は硬いので、角質層まで潤いを与えられない保湿クリームも多いです。

お尻の表面は潤っても、内側は乾燥したままでは、お尻の黒ずみ解消は難しいです。

イラスト

分子が小さく、硬い皮膚でも浸透しやすい保湿クリームを使うようにしましょう。

お尻の黒ずみ解消におすすめなのは、お尻専用のケアアイテムです。


   お尻専用のケアアイテムを使いましょう!

お尻専用のジェルなどは硬い皮膚でも浸透しやすかったりして、お尻のお肌特有の問題に焦点が絞られているので、効果を実感しやすいくなっています。

 お尻専用ジェル

 

ピーチローズ