お尻ニキビの治し方

顔のニキビの治し方に、市販薬があります。

にきび用の市販薬は、いくつも販売されています。

病院に行くまでもない…

というときには、便利な治し方ですよね。

 

お尻ニキビにも、市販薬による治し方は有効だと思われています。

しかし実際に使ってみると、治りが良くないと感じるケースが多いようです。

同じアクネ菌が原因のニキビなのになぜ?

と思いますが、これには理由があるのです。

 

お尻は顔にくらべ皮膚が厚いです。

さらにお尻の角質が硬くなっている場合も多いです。

そのため市販薬を塗っても有効成分が浸透せず、お尻ニキビが治らないのです。

 

驚き

 

お尻ニキビの治し方は、市販薬よりも医師が処方してくれる薬を使うのが良いでしょう。

抗菌剤などの塗り薬のほかビタミン剤などの内服液や、ケミカルピーリングなどで、お尻ニキビを治療します。

市販薬を1週間以上使ってもお尻ニキビが改善しないなら、早く確実に効果を感じられる病院での治し方がおすすめとなるでしょう。